2012年11月20日

文学フリマレポート その2:戦利品の一部をご紹介

文学フリマでゲットした戦利品をご紹介。

121118_3.jpg

自分の出展でバタバタしていた割には見て回っていた方だと思うのですが、
やっぱり気になるブース全部は回れませんでした・・・。

全部はご紹介仕切れないので、一部をピックアップ。

121118_4.jpg

左の二冊が「とうもろこしの会」さんの「怪処」。
カタログに「オカルトスポット探訪マガジン」とあったのでめっさ惹かれていたのですが、
ブースで表紙見て即購入を決めました。

右の二冊は「探偵小説研究会」さんの「CRITICA」。
こちらも表紙に「島田荘司」「ジョン・ディクソン・カー」の文字が躍ってたので
購入せずにはいられませんでした。

121118_5.jpg

左端が「黒死館付属幼稚園」さんの「黒死館逍遙」。
小栗虫太郎の「黒死館殺人事件」の評論文と聞いてやはり購入せずには(略

右の二冊は「英国ゴシック文庫」さんの「アナコンダ」と「見えない少女」。
「日本で未訳・未紹介のゴシック文学作品を発掘・翻訳する」(カタログより)
という素晴らしい方でして、メアリ・シェリーの「見えない少女」と聞いて購入せ(略
文庫版サイズでカバーも可愛い♪

121118_6.jpg

ブースをぐるぐる回っていたら、
「カカシー工房」さんのブースでガチャガチャマシーンを発見!
こんなの見たらやらずにはいられない!!
中身はミニミニポップカードが入っていてこれまた可愛い。


書ききれないものは読後にツイッターなどにUPさせていただきます。


すみません、本大好きなもんでテンションがおかしなことになっております。。。

次回の更新は切り絵をUPしますので
どうぞご了承くださいませ。


それでは、また。
榊でした。


追記:
Twitterアカウント→@shigure_ann(←アットマーク半角に)
こちらの方がマメに更新しております・・・。

posted by *時雨庵* at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文学フリマレポート その1:ありがとうございました〜

先週の日曜日18日は文学フリマ@流通センターに出展してきましたー!
まずは出展のご報告から。

出展の様子はこんな感じで・・・

121118_1a.jpg

隣は相方のスペースで何やらアヤシイ本を出しておりました。。。
(相方よ、こんな紹介でごめん・・・)

121118_2a.jpg

時雨庵スペース。
飾りのつもりの大きめ切り絵の方が目立ってしまってます・・・。
葵ぽんの簡易POPを作っていったのですが、
「欲しい」と云ってくださる方が多くて
次回はちゃんと作って、欲しい方にプレゼントするのもいいなーと思いました。

「文学」フリマだというのにウチだけこんなんで
非常に場違いな感じがいたしておりましたが、
相方の本は午後過ぎに早々に売り切れ、
時雨庵の方も猫又ちゃんイラストがほぼ完売となりました。

大きめ切り絵(色紙サイズの猫又ちゃん)がお嫁入りしたことに
一番びっくりしております。

足を止めてくださるのはおそらく皆さん猫好きで、
すっごく嬉しそうにニコニコしながら見てるんですよね〜。
こちらも嬉しくなって思わずにっこりとしてしまいます。

完売してしまった後も多くの方が足を止めていただきまして
本当にありがとうございました!

ディスプレイもうちょっと凝った方がいいよなーとか
チラシや宣伝もちゃんとした方が良かったよなーとか
またまた反省点の多い出展ではありましたが、
次回に活かすべく精進してまいりますので
またふらりと立ち寄っていただけましたら嬉しいです。

そして出展者の皆様、お疲れ様でした!
本好きが集まるお祭りとしてすっごく楽しませていただきました。

「文学フリマレポート その2」で
戦利品の一部をご紹介させていただきます。

posted by *時雨庵* at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする